筋肉増量において知っておくべきこと。

常葉大学 食プロデュースサークル

常葉大学
食プロデュースサークル

はじめに

練習量の増える時期になり、春の大会に向けて身体の強化や技術の向上を目指していますか。高校生の中には、食事を1日に3回食べていても筋肉が増えてこない選手がいるかもしれません。競技力を向上させるには、日々の練習を行うのはもちろん、自分の食事内容や量について理解し、食べる必要があります。食事量が足りないと、部活中に身体を動かすエネルギーが不足して、本来のパフォーマンスが発揮できなくなることがあります。また、練習で傷ついた筋肉の修復と増強ができなくなり、筋肉量の増加は望めません。今回は皆さんが部活の時にどれくらいのエネルギーを使っているかと、身体の強化に必要な3大栄養素と言われる炭水化物、たんぱく質、脂質について詳しく説明します。

部活で消費するエネルギーについて

皆さんは、部活でどの程度のエネルギーを消費しているかを知っていますか。今回は基礎代謝量と1日のエネルギー消費量を求める式を表1に示します。基礎代謝量とは、1日に必要となる最低限のエネルギー代謝量のことで、体温の保持や内臓を動かす時のエネルギーになります。これに「身体活動レベル」を掛けることで、1日のエネルギー消費量(推定)が算出されます。運動部の場合、身体活動レベルは「高い」となると思います。

炭水化物について

炭水化物は身体を動かすエネルギーとなり、パフォーマンスに関わる大切な栄養素です。部活中に走るなど身体を動かすためには、炭水化物から作られたエネルギーが使われます。しかし、この炭水化物の摂取量が不足すると、エネルギー源が不足し、たんぱく質を分解してエネルギー源として利用するメカニズムが働いてしまい、筋肉が分解されてしまいます。国際オリンピック委員会のスポーツ栄養コンセンサスによれば、持久系のアスリートに推奨されている炭水化物の摂取量は、体重1kgあたり7~10g。70kgの選手では、1日に必要な炭水化物の量は490~700gとなります。ご飯に換算すると普通茶碗(約150g。ご飯100gには炭水化物が約37g含まれる)9杯程度となります。ご飯だけで炭水化物をとるのではなく、パンや麺などさまざまな食品を組み合わせて炭水化物をとりましょう。

たんぱく質について

筋肉をつけるために必要な栄養素と聞けば、「たんぱく質」と答える選手が多くいます。しかし、筋肉をつけるためにたんぱく質を多くとれば良いという訳ではありません。過剰にたんぱく質を摂取してしまうと、筋肉の生成に使われなかったたんぱく質は体外に排出されたり、身体の中に体脂肪として蓄積してしまうことがあります。身体づくりを意識しすぎてたんぱく質を過剰に摂取することは避けるようにしましょう。国際オリンピック委員会によれば、エネルギーを十分に摂取しているのであれば、持久系競技では体重1kgあたり1.2~1.4g、筋肉・瞬発力系競技では体重1kgあたり1.7~1.8gのたんぱく質が推奨されています。

脂質について

脂質と聞くと体脂肪を考える選手がいると思いますが、エネルギーを作る栄養素でもあります。また、ある程度の体脂肪がないと接触プレーなどで怪我をしやすくなります。たんぱく質を多く含む食品は多くの脂質を含んでいることが多いです。たんぱく質を多く含む肉、魚、卵などを食べ過ぎると、それに伴い脂質の摂取量も増えます。脂質の摂り過ぎを防ぐためには、脂身の少ない肉や魚を選ぶこと、揚げ物を食べ過ぎないなど、選手自身で脂質の摂取量をコントロールしましょう。

まとめ

筋肉をつけるには練習と食事を組み合わせることが大切です。今回説明した3大栄養素を効率よくエネルギーにし、身体の調子を整えるビタミンやミネラルを多く含む野菜類や果物類を摂取し、バランスの良い食事をとることを心掛けましょう。

常葉大学 食プロデュースサークル

常葉大学 食プロデュースサークル

ジュニアアスリートレシピ

つなぐ

常葉大学

関連記事

ジュニアアスリート浜松 つなぐ ジュニアアスリートレシピ 静岡産業大学 スポーツジム 接骨院 大会結果

おすすめ記事

  1. 夏目莉緒

    ドライブでチャンスを作ってチームの勝利に貢献したい。

    夏目 莉緒 浜松日体高校 女子バスケットボール部 ---バスケットボールを始めたきっかけは? …
  2. 星川 あかり

    女子野球の未来のために。 vol.1

    星川 あかり 女子プロ野球「レイア」 今春、“浜松初”の女子プロ野球選手がふたり同時に誕生した。 …
  3. 平野駿

    甲子園に相応しい投手陣でありたい。

    平野 駿 浜松西高校 野球部 ---野球を始めたきっかけは? 「友達に誘われて小学2年の時…
  4. 乾仁平

    今年のナショナルチーム入り、
     そしてオリンピックを目指す。

    乾 仁平 浜松城北工業高校 体操部 ---体操を始めたきっかけは? 「2つ上の兄が体操をや…
  5. 小幡桃花

    チームバランスを武器に
     全国制覇を目指す。

    小幡 桃花 浜松開誠館高校 女子バスケットボール部 ---バスケットボールを始めたきっかけは? …

つなぐ 働く先輩の声

  1. 大興産業株式会社
    髙辻翔伍さん 大興産業株式会社 ---入社した理由を教えてください 「昔から機械いじりが好…
  2. 株式会社浜松白洋舎
    木下江利子さん 株式会社浜松白洋舎 ウチはこんな会社 好きな洋服に携わる仕事で、長く続けら…
  3. 株式会社浜松白洋舎
    松島亜実さん 株式会社浜松白洋舎 ---入社して良かったことを教えてください 「すごくアッ…
  4. 有限会社2SEATER
    吉山美紀さん 有限会社2SEATER ---入社した理由を教えてください 「下の子の出産後…
  5. 税理士法人プラス会計サポート
    内藤剛裕さん 税理士法人プラス会計サポート こんな会社です 税金、社会保険、労務、その他、…
  6. 株式会社ミヤキ
    遠藤優希さん 株式会社ミヤキ ウチはこんな会社 高校の女子先輩が何人も入社していたこともあ…
  7. 株式会社システック
    杉浦直樹さん 株式会社システック ---入社して良かったことを教えてください 「いろいろな…
  8. 株式会社システック
    長谷川菜々美さん 株式会社システック ---入社して良かったことを教えてください 「地元企…
  9. 株式会社五味八珍
    松本剛さん 株式会社五味八珍 ウチはこんな会社 当社の「浜松餃子」を、惣菜や贈答品として、…
ページ上部へ戻る