悪い雰囲気の時でもコートに入った時は、率先して声を掛けて、ディフェンスを頑張って、流れを持って来れるようなプレーをしたいです。

石川 乃愛
浜松学院高校 女子バスケットボール部

バスケットボールを始めたきっかけは?
母がバスケットをやっていて、背が低いから苦労するというのは知っていたのですが、楽しそうだなと思って、小学4年生の時に始めました。

小学校の時の所属チームは?
東郷Beeミニバスケットボールクラブです。

小学校の時の思い出は?
バスケットのことだけでなく、礼儀とかも厳しく教わることができたので、そういう面でも成長できたなと思っています。

中学校の時の所属チームは?
TEAM NAOです。

中学校の時の思い出は?
コーチが熱い方でした。自分の代は私しかいなかったので、最後の一年はずっと怒られてきたのですが、最後は自分のやりたいバスケットを試合でできたことが一番の思い出です。

浜松学院高校を選んだ理由は?
中学2年生の時のクラブの試合を窪田先生が見てくれて、声を掛けてくれたことがきっかけで練習や試合を見に行くようになって、すごく良い雰囲気でやっているなと感じていました。自分自身全国大会に出場したいという想いがあって、本気で全国を目指しているチームだと感じたので、ここで頑張りたいと思い、進学を決めました。

実際に入ってみてどうですか?
礼儀もしっかりしていますし、みんなで協力し合って楽しくバスケットができるチームだなと思いました。

今年のチームの特徴は?
ディフェンスをしっかりとやって、そこから流れを作っていくことです。

新人戦・総体を振り返って
課題としては、ルーズボールを取り切るということを徹底することで、苦しい時に踏ん張れたことが良かった点です。

初めての東海総体を経験してみてどうでしたか?
県内だけでなく、愛知や岐阜といったレベルの高いチームと戦えて、スピードやシュート精度の違いを実感し、全国レベルを知れたことは良い経験になりました。

ウィンターカップでの目標は?
開誠館を倒して、県で優勝して全国大会に出場することです。個人的には、悪い雰囲気の時でもコートに入った時は、率先して声を掛けて、ディフェンスを頑張って、流れを持って来れるようなプレーをしたいです。

浜松学院女バス エンケイ

関連記事